トップページ

 

 伝道掲示板  令和4年5月22日掲示  


 明治、大正、昭和の時代を生きられた暁烏師のこの言葉を、我々は当然のことだと思うことができるでしょうか。現在の便利な日常にあって、「恩をうくる」ことの自覚が希薄になりがちなことに気づかされます。物が豊かでなく、生活が厳しい時代を生きられた世代の方々は、一膳の食事、一粒のお米に、もっともっと有難い気持ちを持たれていたように思います。昔も今も変わらず、人間は、生き物として様々な恵みを頂いているのに、その意識を持ちにくく「恩に報ゆる生活」になれない。ここに現代に生きる我々の深刻な問題があるように思われるのです。我々にとって真に安心の感じられる豊かな自然環境と暖かい人間関係、それらが保たれるために重要なことは、「恩をうくる生活」に感謝した「恩に報ゆる生活」であると、暁烏師が、現代の我々に訴えられているように感じられます。(文責住職)

  お知らせ

☆庫裏改築がほぼ終了いたしました。お世話になりました業者様、本当にありがとうございました。また皆様には本当にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

☆庫裏改築がほぼ終了いたしました。お世話にな りました業者様、本当にありがとうございました。また皆様には本当にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

☆春季永代経を次の通り、お勤め致します。
 日時:令和4年5月15日(日) 13時より
 今回は、短時間の御法話を行いますが、皆様の健康を第一に考えて御判断下さい。


☆令和4年4月8日(金) 花まつり
彦根城の桜が満開の中、花まつりのお飾りを致しました。山門に、花で飾った花御堂を置き、その中に、甘茶を入れた桶を置き、その真ん中にお釈迦様の誕生仏(誕生の姿の仏像)を安置しました。柄杓で甘茶をすくい、お釈迦様の仏像にかけて頂くように致しました。


☆令和4年1月1日(土)
 11時00分より、修正会を、以下の通りお勤めしました。

☆令和3年12月31日(金)
 除夜の鐘を、23時半より撞きはじめました。雪の舞う誠に寒い中でしたが、近所の方々がお出で下さり、一緒に撞いてくださいました。

☆令和3年10月14日(木)・15日(金)
 報恩講 をお勤めしました。
感染症流行がだいぶん和らぎましたが、まだまだ皆さんの不安があると思われますので、お話の集い、御法話、お食事を自粛し、以下の通りお勤めしました。市内の寺院様の御参勤も、申し合わせにより控えて頂くことになりました。
10月14日(木)
10時00分 法縁寺並に説教場報恩講勤行
10時30分  御文拝読(大坂建立)
13時30分  報恩講大逮夜法要
14時15分  御伝抄拝読(上巻一段、二段)

10月15日(金)
10時00分  報恩講晨朝勤行
10時30分  御文拝読(御正忌)
13時30分  報恩講満日中法要
14時15分  御伝抄拝読(下巻一段、六段)   14時30分  吉峯先生のメッセージの読上げと 住職御挨拶


☆令和3年9月20日(月)
秋季永代経をお勤めしました。
緊急事態宣言発令中でしたので、御参詣については慎重に御判断頂きました。御参詣頂きました方々には、心より御礼申し上げます。

☆令和3年8月12日(木)
盆会法要並びに梵鐘寄進者物故者法要を次の通りお勤めしました。
本当にお出にくい中御参詣頂き、誠に有難うございました。

☆令和3年6月13日(日) 前住職、前々坊守の御法事をお勤めしました。感染症のため、昨年から延期している御法事ですが、感染症の心配が続いていますので、以下の通り行いました。
 

☆令和3年5月8日(土) 春季永代経をお勤めしました。
 感染症の心配が続きますので、御参詣については、慎重な判断をお願いしました。

☆令和3年4月8日(木) 花まつり
門前に、お釈迦様のお誕生像を安置した花御堂を設置し、通行される方に、お釈迦様のお誕生を祝い、甘茶をかけて頂くよう御案内しました。多くの方々が、門前で足を止められ、お参りされていました。

☆令和3年1月1日(金) 修正会 お勤めしました。
・午前11時より本堂にて、御門徒様、住職、副住
 職、坊守にて、正信偈を唱和致しました。
・住職より、以下のご挨拶文章を朗読し、その後、
 八万法蔵の御文を拝読しました。
・例年、皆様と一緒に甘酒を頂きましたが、本年は
 控えさせて頂きました。
・お出にくい中御参詣頂き、本当に有難うございま
 した。


☆令和2年12月31日(木) 除夜の鐘
 23時30分より、ご家族連れでお来しなりまし
 た方々と一緒に撞かせて頂きました。0時30分
 108つを撞き終わりました。夜間の寒い中おい
 で頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。

☆令和2年10月14日(水)・15日(木)
 報恩講 をお勤めしました。
 感染症の心配が続く中でしたが、御門徒の皆様の御協力のおかげで、以下の通りお勤めすることができました。
10月14日(水)
 10時00分  法縁寺並に説教場報恩講勤行    10時30分  御文拝読
  13時30分  報恩講大逮夜法要
  14時15分  御伝抄拝読
10月15日(木)
 10時00分  法縁寺報恩講勤行
  10時30分 御文拝読
  13時30分 報恩講満日中法要
  14時15分  御伝抄拝読
  14時30分  吉峯先生教化冊子の紹介とメッ
        セージの読上げ

☆春季永代経を次の通り、お勤め致します。
 日時:令和4年5月15日(日) 13時より
 今回は、短時間の御法話を行いますが、皆様の健康を第一に考えて御判断下さい。


☆令和4年4月8日(金) 花まつり
彦根城の桜が満開の中、花まつりのお飾りを致しました。山門に、花で飾った花御堂を置き、その中に、甘茶を入れた桶を置き、その真ん中にお釈迦様の誕生仏(誕生の姿の仏像)を安置しました。柄杓で甘茶をすくい、お釈迦様の仏像にかけて頂くように致しました。


☆令和4年1月1日(土) 11時00分より、修正会を、以下の通りお勤めしました。

☆令和3年12月31日(金) 除夜の鐘 撞きました。
 23時半より撞きはじめました。雪の舞う誠に寒い中でしたが、近所の方々がお出で下さり、一緒に撞いてくださいました。

☆令和3年10月14日(木)・15日(金) 報恩講 をお勤めしました。
 感染症流行がだいぶん和らぎましたが、まだまだ皆さんの不安があると思われますので、お話の集い、御法話、お食事を自粛し、以下の通りお勤めしました。市内の寺院様の御参勤も、申し合わせにより控えて頂くことになりました。
10月14日(木)
  10時00分  法縁寺並に説教場報恩講勤行
  10時30分  御文拝読(大坂建立)
  13時30分  報恩講大逮夜法要
  14時15分  御伝抄拝読(上巻一段、二段)
10月15日(金)
  10時00分  報恩講晨朝勤行
  10時30分  御文拝読(御正忌)
  13時30分  報恩講満日中法要
  14時15分  御伝抄拝読(下巻一段、六段)
  14時30分  吉峯先生のメッセージの読上げと住職御挨拶

☆令和3年9月20日(月)  秋季永代経をお勤めしました。
 緊急事態宣言発令中でしたので、御参詣については慎重に御判断頂きました。
 御参詣頂きました方々には、心より御礼申し上げます。



☆令和3年8月12日(木) 盆会法要並びに梵鐘寄進者物故者法要を次の通りお勤めしました。
 本当にお出にくい中御参詣頂き、誠に有難うございました。
 

☆令和3年6月13日(日) 前住職、前々坊守の御法事をお勤めしました。
 感染症のため、昨年から延期している御法事ですが、感染症の心配が続いていますので、以下の通り行いました。  

 

☆令和3年5月8日(土) 春季永代経をお勤めしました。
感染症の心配が続きますので、御参詣については、慎重な判断をお願いしました。

☆令和3年4月8日(木) 花まつり
門前に、お釈迦様のお誕生像を安置した花御堂を設置し、通行される方に、お釈迦様のお誕生を祝い、甘茶をかけて頂くよう御案内しました。多くの方々が、門前で足を止められ、お参りされていました。



☆令和3年1月1日(金) 修正会 お勤めしました。
 ・午前11時より本堂にて、御門徒様、住職、副住職、坊守にて、正信偈を唱和致しました。
 ・住職より、以下のご挨拶の文章を朗読し、その後、八万法蔵の御文を拝読しました。
 ・例年、皆様と一緒に甘酒を頂きましたが、本年は控えさせて頂きました。
 ・お出にくい中御参詣頂き、本当に有難うございました。



☆令和2年12月31日(木) 除夜の鐘
 23時30分より、ご家族連れでお来しになりました方々と一緒に撞かせて頂きました。0時30分頃、108つを撞き終わりました。夜間の寒い中おいで頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。

☆令和2年10月14日(水)・15日(木) 報恩講をお勤めしました。
 感染症の心配が続く中でしたが、御門徒の皆様の御協力のおかげで、以下の通りお勤めすることができました。
10月14日(水)
  10時00分  法縁寺並に説教場報恩講勤行
  10時30分  御文拝読
  13時30分  報恩講大逮夜法要
  14時15分  御伝抄拝読
10月15日(木)
  10時00分  法縁寺報恩講勤行
  10時30分 御文拝読
  13時30分 報恩講満日中法要
  14時15分  御伝抄拝読
  14時30分  吉峯先生教化冊子の紹介とメッセージの読上げ


☆令和2年9月20日(日) 秋季永代経をお勤めしました。
 御門徒の皆様が多数御参詣頂きました。お出にくい中御参詣頂いた皆様に心より御礼申し上げます。
 14:00 法縁寺永代経勤行
 14:25 説教場永代経勤行
 14:40 正信偈 念仏和讃三淘六首
 15:10 「疫癘(えきれい)の御文」拝読

 


☆令和2年9月20日(日)
 秋季永代経をお勤めしました。御門徒の皆様が御参詣頂きました。お出にくい中御参詣頂いた皆様に心より御礼申し上げます。
 14:00 法縁寺永代経勤行
 14:25 説教場永代経勤行
 14:40 正信偈 念仏和讃三淘六首
 15:10 「疫癘(えきれい)の御文」拝読


☆令和2年8月12日(水) 法縁寺盆会法要・納骨堂盆会法要・梵鐘寄進物故者法要をお勤めしました.
 御門徒、納骨者の皆様が多数御参詣下さいました。
 9時40分より 納骨堂盆会法要 仏説阿弥陀経
10時00分より 法縁寺盆会・梵鐘寄進物故者抱擁 仏説無量寿経、正信偈和讃三淘六首
10時40分より 御文拝読 疫癘(えきれい)の御文


☆令和2年8月12日(水)
法縁寺盆会法要・納骨堂盆会法要
梵鐘寄進物故者法要 をお勤めしました.
御門徒、納骨者の皆様が多数御参詣下さいました。
 9時40分より 納骨堂盆会法要 仏説阿弥陀経
10時00分より 法縁寺盆会・梵鐘寄進物故者法要
       仏説無量寿経、正信偈和讃三淘六首
10時40分より 御文拝読 疫癘(えきれい)の御文


☆令和2年5月23日(土)   春季永代経をお勤めしました。
 感染症への対応のため、住職と副住職により勤行致しました。
 14時00分より 法縁寺永代経勤行 仏説無量寿経読経
 14時30分より 説教場永代経勤行 仏説阿弥陀経読経
 14時45分より 正信偈 和讃六首 三淘
 15時00分より 御文拝読 聖人一流 


☆令和2年5月23日(土)
  春季永代経をお勤めしました。感染症への対応のため、住職と副住職により勤行致しました。
14時00分より
 法縁寺永代経勤行 仏説無量寿経読経
14時30分より
 説教場永代経勤行 仏説阿弥陀経読経
14時45分より
 正信偈 和讃六首 三淘
15時00分より
 御文拝読 聖人一流


☆令和2年5月23日(土)   春季永代経について

  皆様の御参詣は自粛頂きたいと存じます

 感染症の状態がまだまだ予断を許さず、複数の方が集まって下さることが難しい状況にあります。そこで、本年の春季永代経については、上記の通り、皆様の御参詣を自粛頂く形で行いたいことでございます。本当に残念ですが、皆様の安全が第一であり、何卒御了解賜りますようお願い致します。


☆令和2年5月23日(土)  春季永代経について

 皆様の御参詣は自粛頂きたいと存じます

 感染症の状態がまだまだ予断を許さず、複数の方が集まって下さることが難しい状況にあります。そこで、本年の春季永代経については、上記の通り、皆様の御参詣を自粛頂く形で行いたいことでございます。本当に残念ですが、皆様の安全が第一であり、何卒御了解賜りますようお願い致します。