トップページ

 

 伝道掲示板  令和3年8月1日掲示  


 秦師のこの言葉は、誰もが思い当たるのではないでしょうか。私の行いについては、多少間違っていても、生きていくためには仕方がないと思い、他の人の行いは、少しの間違いも追及しようとする私の姿があるように思います。誰もがこのような姿勢を貫けば、わがままとわがままが衝突し、争いごとが起こることは必然と言わなければならないでしょう。仏教においては、我執といわれるこの心が、あらゆる迷いの原因であると指摘されます。しかし、我執を離れては生きられないのが人間ではないでしょうか。親鸞聖人が開かれた道は、まずこのような私の姿をごまかさずに見つめること、そして他の人も同じ我執の中にあることを思い計ること、そして共に凡夫であることを悲しむことにより、自らの心の姿勢が柔らかなものになっていく、そこに自他の連帯の道が生まれることであると私は理解しています。(文責住職)

  お知らせ

☆庫裏改築がほぼ終了いたしました。お世話になりました業者様、本当にありがとうございました。また皆様には本当にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

☆庫裏改築がほぼ終了いたしました。お世話にな りました業者様、本当にありがとうございました。また皆様には本当にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

☆令和3年8月12日(木)
盆会法要並びに梵鐘寄進者物故者法要
次の通り、感染状況に配慮しながらお勤め致します。残念ながら、藤井スミ苑さんの「お話の集い」、会食等行えませんが、可能と判断されましたら、御参詣ください。

☆令和3年6月13日(日) 前住職、前々坊守の御法事をお勤めしました。感染症のため、昨年から延期している御法事ですが、感染症の心配が続いていますので、以下の通り行いました。
 

☆令和3年5月8日(土) 春季永代経をお勤めしました。
 感染症の心配が続きますので、御参詣については、慎重な判断をお願いしました。

☆令和3年4月8日(木) 花まつり
門前に、お釈迦様のお誕生像を安置した花御堂を設置し、通行される方に、お釈迦様のお誕生を祝い、甘茶をかけて頂くよう御案内しました。多くの方々が、門前で足を止められ、お参りされていました。

☆令和3年1月1日(金) 修正会 お勤めしました。
・午前11時より本堂にて、御門徒様、住職、副住
 職、坊守にて、正信偈を唱和致しました。
・住職より、以下のご挨拶文章を朗読し、その後、
 八万法蔵の御文を拝読しました。
・例年、皆様と一緒に甘酒を頂きましたが、本年は
 控えさせて頂きました。
・お出にくい中御参詣頂き、本当に有難うございま
 した。


☆令和2年12月31日(木) 除夜の鐘
 23時30分より、ご家族連れでお来しなりまし
 た方々と一緒に撞かせて頂きました。0時30分
 108つを撞き終わりました。夜間の寒い中おい
 で頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。

☆令和2年10月14日(水)・15日(木)
 報恩講 をお勤めしました。
 感染症の心配が続く中でしたが、御門徒の皆様の御協力のおかげで、以下の通りお勤めすることができました。
10月14日(水)
 10時00分  法縁寺並に説教場報恩講勤行    10時30分  御文拝読
  13時30分  報恩講大逮夜法要
  14時15分  御伝抄拝読
10月15日(木)
 10時00分  法縁寺報恩講勤行
  10時30分 御文拝読
  13時30分 報恩講満日中法要
  14時15分  御伝抄拝読
  14時30分  吉峯先生教化冊子の紹介とメッ
        セージの読上げ

☆令和3年8月12日(木) 盆会法要並びに梵鐘寄進者物故者法要
 次の通り、感染状況に配慮しながらお勤め致します。
 残念ながら、藤井スミ苑さんの「お話の集い」、会食等行えませんが、可能と判断されましたら、御参詣ください。
 

☆令和3年6月13日(日) 前住職、前々坊守の御法事をお勤めしました。
 感染症のため、昨年から延期している御法事ですが、感染症の心配が続いていますので、以下の通り行いました。  

 

☆令和3年5月8日(土) 春季永代経をお勤めしました。
感染症の心配が続きますので、御参詣については、慎重な判断をお願いしました。

☆令和3年4月8日(木) 花まつり
門前に、お釈迦様のお誕生像を安置した花御堂を設置し、通行される方に、お釈迦様のお誕生を祝い、甘茶をかけて頂くよう御案内しました。多くの方々が、門前で足を止められ、お参りされていました。



☆令和3年1月1日(金) 修正会 お勤めしました。
 ・午前11時より本堂にて、御門徒様、住職、副住職、坊守にて、正信偈を唱和致しました。
 ・住職より、以下のご挨拶の文章を朗読し、その後、八万法蔵の御文を拝読しました。
 ・例年、皆様と一緒に甘酒を頂きましたが、本年は控えさせて頂きました。
 ・お出にくい中御参詣頂き、本当に有難うございました。



☆令和2年12月31日(木) 除夜の鐘
 23時30分より、ご家族連れでお来しになりました方々と一緒に撞かせて頂きました。0時30分頃、108つを撞き終わりました。夜間の寒い中おいで頂いた皆さんに心から感謝申し上げます。

☆令和2年10月14日(水)・15日(木) 報恩講をお勤めしました。
 感染症の心配が続く中でしたが、御門徒の皆様の御協力のおかげで、以下の通りお勤めすることができました。
10月14日(水)
  10時00分  法縁寺並に説教場報恩講勤行
  10時30分  御文拝読
  13時30分  報恩講大逮夜法要
  14時15分  御伝抄拝読
10月15日(木)
  10時00分  法縁寺報恩講勤行
  10時30分 御文拝読
  13時30分 報恩講満日中法要
  14時15分  御伝抄拝読
  14時30分  吉峯先生教化冊子の紹介とメッセージの読上げ


☆令和2年9月20日(日) 秋季永代経をお勤めしました。
 御門徒の皆様が多数御参詣頂きました。お出にくい中御参詣頂いた皆様に心より御礼申し上げます。
 14:00 法縁寺永代経勤行
 14:25 説教場永代経勤行
 14:40 正信偈 念仏和讃三淘六首
 15:10 「疫癘(えきれい)の御文」拝読

 


☆令和2年9月20日(日)
 秋季永代経をお勤めしました。御門徒の皆様が御参詣頂きました。お出にくい中御参詣頂いた皆様に心より御礼申し上げます。
 14:00 法縁寺永代経勤行
 14:25 説教場永代経勤行
 14:40 正信偈 念仏和讃三淘六首
 15:10 「疫癘(えきれい)の御文」拝読


☆令和2年8月12日(水) 法縁寺盆会法要・納骨堂盆会法要・梵鐘寄進物故者法要をお勤めしました.
 御門徒、納骨者の皆様が多数御参詣下さいました。
 9時40分より 納骨堂盆会法要 仏説阿弥陀経
10時00分より 法縁寺盆会・梵鐘寄進物故者抱擁 仏説無量寿経、正信偈和讃三淘六首
10時40分より 御文拝読 疫癘(えきれい)の御文


☆令和2年8月12日(水)
法縁寺盆会法要・納骨堂盆会法要
梵鐘寄進物故者法要 をお勤めしました.
御門徒、納骨者の皆様が多数御参詣下さいました。
 9時40分より 納骨堂盆会法要 仏説阿弥陀経
10時00分より 法縁寺盆会・梵鐘寄進物故者法要
       仏説無量寿経、正信偈和讃三淘六首
10時40分より 御文拝読 疫癘(えきれい)の御文


☆令和2年5月23日(土)   春季永代経をお勤めしました。
 感染症への対応のため、住職と副住職により勤行致しました。
 14時00分より 法縁寺永代経勤行 仏説無量寿経読経
 14時30分より 説教場永代経勤行 仏説阿弥陀経読経
 14時45分より 正信偈 和讃六首 三淘
 15時00分より 御文拝読 聖人一流 


☆令和2年5月23日(土)
  春季永代経をお勤めしました。感染症への対応のため、住職と副住職により勤行致しました。
14時00分より
 法縁寺永代経勤行 仏説無量寿経読経
14時30分より
 説教場永代経勤行 仏説阿弥陀経読経
14時45分より
 正信偈 和讃六首 三淘
15時00分より
 御文拝読 聖人一流


☆令和2年5月23日(土)   春季永代経について

  皆様の御参詣は自粛頂きたいと存じます

 感染症の状態がまだまだ予断を許さず、複数の方が集まって下さることが難しい状況にあります。そこで、本年の春季永代経については、上記の通り、皆様の御参詣を自粛頂く形で行いたいことでございます。本当に残念ですが、皆様の安全が第一であり、何卒御了解賜りますようお願い致します。


☆令和2年5月23日(土)  春季永代経について

 皆様の御参詣は自粛頂きたいと存じます

 感染症の状態がまだまだ予断を許さず、複数の方が集まって下さることが難しい状況にあります。そこで、本年の春季永代経については、上記の通り、皆様の御参詣を自粛頂く形で行いたいことでございます。本当に残念ですが、皆様の安全が第一であり、何卒御了解賜りますようお願い致します。